SESはただの人材派遣だ!と思ってる方、必読です!

2018-08-24
Pocket

「SES企業に在籍している方」

「自身の能力向上より会社の方針や制度などなどの不満が先行してしまっている方」

 

SESに不満

 

 

 

これまでの成果は?

にすぐ答えられますか?

 

現在のSES企業に在籍している期間中に

達成した成果をパッとすぐに思いつかない方!

 

 

安易に受託開発会社にいかないほうがいいかもしれません。

安易に事業サービス会社にいかないほうがいいかもしれません。

 

 

一旦、ノイズの少ないSES企業で自身のキャリアパスを

再考してみてはいかがでしょうか?

キャリア再考

 

 

こんな考え方はいかがでしょうか。

 

受託開発は請負契約です。

請負契約には納品の義務があります。

契約満了には契約で定められた条件でなんらかの生産物を納品する義務です。

 

事業サービスは会社の収益に直結します。

事業サービス会社はエンドユーザに向けてサービス提供し収益性まで考慮するため、

自社製品やサービスをユーザーに提供できるシステムやサービスに仕上げる必要があります。

常時、機能改善のバージョンアップも欠かせません。

正味、受託開発より高い能力を求められると思います。

 

そして、

SESは準委任契約です。

準委任契約は労務の提供です。

つまり、アウトプットの約束はしていないのです。

契約満了の条件は、期間満了です。

 ※ 準委任契約には善管注意義務というものがあり、顧客の作業依頼に対して善意をもって誠実に取り組む必要があります。納品ではないですが、業務上の報告書類等は随時、アウトプットとして求められます。

 

 

契約の性質を鑑みると、要求される能力の範囲が変わるといえます。

 

例えば同じWebシステム開発における

プログラマーの役割ひとつとってみても実は仕事の性質が違います。

プログラム

 

 

SESでは、実は仕事のクロージングを自身では行っていません。

クロージングは常駐先企業となる発注元と請負契約をしている”誰か”です。

準委任契約や派遣契約で仕事をしている我々に請負契約をクロージングさせる権限はありません。

常駐先でキーマン化すると重責任を負わされている方は、少なくないですが

最終的な契約満了までは携わっていないと思います。

 

なんとなく常駐先で仕事ができると思っていても、

いざ、自社で請負契約をしているプロジェクトに携わった場合、

その責任範疇が全く違うことに戸惑うのではないでしょうか。

 

納品やサービス品質向上に向けて、考えなければならない範囲が大きく変わるため、

SESよりも多くの情報処理を求められるようになります。

言い方があまり良くないのですが、

SESでは、困った時の責任転嫁ができてしまいます。

逆に言うと準委任契約の我々では、請負契約の責任は負えません。

 

 

一方、請負契約では”誰か”に責任転嫁はできません。

自社で解決しなければなりません。

 

ここは大きな違いです。

プロジェクトが難航してきた際に、

大手さんであれば、

リソースをかき集めて人手でのりきるなんてことはよく目にします。

 

しかし、中小企業ではそんな資金もリソースもありません。

自分たちでなんとかする。

まさにデスマーチの始まりです。

デスマーチ

 

#余談です。

#中小の受託開発会社においてはマネジメントの問題がほとんどだとは思いますが・・・

#立場上、無茶な仕様変更依頼を断れないとか・・・

#大手さんでも開発現場のデスマーチは常態化していますが・・・

#こちらもマネジメントの問題かと・・・

#もちろん規模が大きいのでマネージャの難易度は跳ね上がりますし・・・

#質の違いこそあれ、大手さんでも中小でもマネジメントの問題であるという点は変わらないのではないでしょうか。

 

 

前置きが長くなりましたが

「SESはもういやだ」という論理だけで、

 

安易に受託開発会社へ転職すると

 

過酷な就業環境で、自身の能力不足に

 

否応なく気が付かされることになります。

 

過酷な受託開発

 

そこを受け入れ、ハードワークに立ち向かえればよいのですが、

 

実態としては、体調を壊したり、もうシステム業界はこりごりといって

 

他業種へシフトする方も多いと思われます。

 

もちろん、デスマーチに立ち向かい、

 

乗り越えることができれば

 

能力はグンと向上します。

 

 

しかし!

 

健康面

 

家族とのプライベートの時間確保

 

そして、働き方改革が叫ばれる時代背景

 

 

これらを鑑みても、

 

重労働は決して、肯定すべきではないと考えます。

 

 

その点、SESでは。

初期のエンジニアとして

自身のスキルポートフォリオを増やすには

実はSESはとても有用なのです。

なぜならば、自身のキャリアパスを考慮した案件チョイスができるからです。

 

 

 

例えば。

 

Java言語を利用したWebシステムのプログラミングを2年やったので、

次はPHPやJQueryといったフロント側のプログラミングを身に着けたい

ネットワーク技術を身に着けてWebシステム全体の理解を深めたい!

 

もしくは

Webシステムの要件定義や設計工程のスキルを向上したい!

 

もしくは

金融業界のビジネスプロセスを堪能したので、次はモバイル業界の仕事を経験したい!

 

というように契約期間満了タイミングでスキル拡充計画を検討することができるのです。

キャリアパス再考

 

 

しかし!

以下のような環境が前提になります。

・経営方針で各自のキャリアパスが重視されている。

・営業がキャリアパス重視の方針を理解している。

・社内にキャリアパスを補完する制度がある。

・自身が能力向上しようと考えている。

 

HomeGrowinは上記、方針でSESを運営しています。

また、複数名でのプロジェクト参画が原則ですので

1人で客先に放置されるようなことはありません。

福利厚生や手当も充実しています。

そして法規順守の意識も非常に高いです。

 

繰り返しになりますが、

現在、在籍しているSES企業で、

自身の能力向上より

会社の方針や制度などなどの

不満が先行してしまっている方

 

いちどノイズの少ないHomeGrowinで働きながら、

自身のキャリアについて、じっくり再考してみませんか。

 

将来、事業サービス会社や受託開発会社でバリバリ働きたい方は

一旦、自身のキャリアを熟考した後に、挑戦してみてはいかがですか。

転職のススメ

 

HomeGrowinは、その環境を提供することができます。

 

もちろん、我々としては、一度、入社した方とは、

ずっと一緒に成長していきたいという想いは強いです。

 

しかし、HomeGrowinは、

自身の「やりたい」を最も尊いものと考えるマインドの会社です。

 

自身の「やりたい事」がHomeGrowinでは実現できない

と分かった時点で、転職が望ましいという解釈をする会社です。

 

まずは、現在の環境で疲弊している皆様が、

今一度、自身のキャリアパスをじっくり再考できる環境に

戻ることがなにより重要なことだと思います。

 

その上で能力向上に取り組み、

その成長を経た上で、

自身の「やりたい事」

挑戦するのであれば、

我々にとっても、とても喜ばしいことになります。

 

「あいつ、有名になっちゃったけど、HomeGrowinにいた時、めっちゃ努力したんだよねぇ」

 

そんなことを言ってみたいです。

 

 

 

長くなりました。

この記事を読んで共感いただいた方は、

いますぐ、弊社までご一報ください。

 

強引な勧誘などは絶対にいたしません。

現在の悩み事、転職についてのノウハウなどなど

なんでも、ご相談にのります。

 

もちろん、HomeGrowinに入社いただくのが一番良いのですが

我々、採用活動の本質は、

現在、疲弊している皆様が、

ご自身の就業環境改善に

「一歩、踏み出す」

をサポートすることです。

 

つまり、HomeGrowinに入社しなくても

現在の環境打破の行動を後押しできれば

我々としては本望なのです。

 

ぜひ、皆様のご一報お待ちしております。

カジュアルな服装でも構いません。

ライトなノリでランチでもしながらお話しできればと思います。

 

未来は明るい

 

最後に。

 

皆様の転職活動が実り多き事を願っております。

 

がんばってください。